joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac unix

ターミナルの設定ファイルを作る[.bash_profile]

投稿日:2013年12月6日 更新日:


Bash

概要

こんにちはcaldheです。今回はMacにあるターミナルの設定ファイルの作り方です。ターミナルを初期設定のまま立ち上げるとbashというシェルが動きます。シェルというのはUnixのインターフェイスの種類みたいなものです。

このbash、そのまま使っても十分すごい機能があるのですが、自分で設定をしていくとより使いやすくなるので、まずはのその導入部分だけを扱います。

前提

Linuxコマンドがある程度使える

.bash_profileの確認

自分のターミナルに.bash_profileがあるか確認します。

.bash_profileはあるとすれば、あなたのホームディレクトリにあります。ターミナルを立ち上げてホームディレクトリに行きます。

cd とだけ打ち込みホームディレクトリに移動します。

cd                                                                            .

.bash_profileは先頭がピリオドの隠しファイルです。lsに-aのオプションを付けて表示しましょう。

ls -la

ターミナル — bash — 80×24-1

上の図をみると分かるように私のPCにはまだ.bash_profileがありません。もしも、すでにある場合はそのままで結構です。

.bash_profileが無い場合は作る

.bash_profileがある場合はそれを使えば良いのですが、ない場合は作成する必要があります。「勝手に作っていいのか?」大丈夫です。勝手に作っても平気です。

touch .bash_profile

作成できたか確認しましょう

ls -la

ターミナル — bash — 80×24-2

ありますね。

まとめ

.bash_profileを作るだけに焦点を当てて解説しました。次回から、.bash_profileに書き込むと便利な設定を書いていこうと思います。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac, unix
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

grepコマンドを使って正規表現を色々試してみるその2

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、正規表現を勉強していきましょう。 前提 unixを使用するので、多少、unixコマンドになれていること サンプル文章 今回は下の文章を用 …

nodenvでインストールリストとnodeのバージョンをアップデートする

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はbrewでインストールしたnodenvのインストールリストの更新とnodeのバージョンの更新をしてみましょう。 nodeの開発は活発であっという間にnod …

Mac OS X Mavericks にruby on rails4の環境を構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はruby on railsの永遠のテーマ環境構築と環境設定をやっていきましょう。 ruby on railsは近頃のwebアプリケーションではよく使われ …

macにnodenvをbrewで入れ、nodeをバージョン管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はnodenvを使ってmacにnodeの環境を構築したいと思います。 最近はreactの開発も活発になってきて、様々な場面でnodeを使うことが多くなっ …

Macターミナルのカーソルの前のプロンプトに表示されている文字をカスタマイズする

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、ターミナルのプロンプトに関してです。 プロンプトのカスタマイズをやっていきましょう。今回も、この本から抜粋します。 プロンプトで使用できる …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー