joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac

Snow leopardをmaveriksにアップグレードする

投稿日:2013年12月23日 更新日:


13

###概要

みなさんこんにちわcandleです。しばらく忙しい日が続いて、更新できなかったのですが、こま目に書いていこうと思います。

長らく、snow leopardを使っていましたが、無料でmaveriksにアップデートできるということで、試していきたいと思います。

前提

pcのOSがSnow leopard

アップデートファイルのダウンロード

まずは「App Store」を立ち上げます。

検索ボックスに「maveriks」と打ち込んで検索します。

1

maveriksの欄の「無料アップグレード」をクリックしてアップグレード用のソフトをダウンロードします。ちなみに、5Gバイト位あるので時間がある時にしましょう。

2

maveriksをインストールする

ダウンロードが終わるとアプリケーションディレクトリに「OS X Mavericks インストール」というソフトができるので、それをダブルクリックで起動します。

3

すると、インストーラーが開きます。続けるを押しましょう。

4

契約に同意するか求められるので同意するを押します。

5

再度、インストールの同意を求められるので、同意しましょう。

6

インストールボタンを押します

7

インストールの準備が始まります。

8

準備が終わったら再起動しましょう

9

再起動すると、インストールが始まります。

ちなみに、後1分になってからすごい長いです。気長に待ちましょう。

Exif_JPEG_PICTURE

ログイン画面が現れたらログインしましょう。

11

デスクトップ画面が現れたら、成功です。

12

まとめ

snowleopardからアップデートしても問題なく動きます。Lion、Mountain Lionを飛ばしてのアップグレードでひやひやしたのですが、パッと見平気です。

ただ、Lionのときにファイル構造がかわったりしたので、厳密にみるとコマンドが動かなかったり、様々あるかもしれません。

無料でアップグレードできるからうれしいね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macのフォントをbrew-cask-fontsを使ってインストールし管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はMacのフォントをbrew-cask-fontsを利用してインストールし管理する方法を紹介します。 macのフォントの管理は一般にFont Bookとい …

macにnodenvをbrewで入れ、nodeをバージョン管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はnodenvを使ってmacにnodeの環境を構築したいと思います。 最近はreactの開発も活発になってきて、様々な場面でnodeを使うことが多くなっ …

macのemacs23,24でemmet(1.0.10)の補完の後にカーソルの位置がずれるのをデグレードして対処する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はemacs23か24でemmetを使用した時に、カーソルの位置が行末になってしまう時の対処法を紹介します。 とは言っても、ソースコードをいじるわけではな …

macターミナルのウィンドタイトルとタブ名を変更する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 ターミナルのウィンドタイトルとタブ名を変更する企画をやっていきたいと思います。 ウィンドタイトルというのは何処かというと下の画像の部分になります。タブ名もそ …

Unixの画像処理ソフト「ImageMagick」をmacports経由でインストールする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はImageMagickのインストールを行いましょう。 ImageMagicなのですが、これは画像を様々な要望に答えて処理してくれるソフトです。ターミナル …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー