joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac unix

emacsの設定環境を作る[.emacs , .emacs.d]

投稿日:2013年12月27日 更新日:


emacs

概要

どうもみなさんcandleです。今回はemacsの設定環境を作っていきましょう。

設定環境って造語です。

emacsはデフォルトでも十分使えますが、プラグインを加えたり設定を増やすことでより使いやすい環境を構築できます。

前提

  1. emacsがインストールされている
  2. unixコマンドが最低限使える

設定ファイルとディレクトリを作る

ホームディレクトリに移動します。

cd ~/

emacsのライブラリや設定ファイル等を保存するディレクトリを作成します。名前は決まっていて、「.emacs.d」です。

mkdir .emcas.d

<img src="https://joppot.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/12/fff-3.jpg" alt="fff-3" width="500" height="317" class="alignnone size-full wp-image-317" />

emacsの設定ファイルを作ります。ここにemacsの設定を書き込んでいきます。

touch .emacs.d/init.el

おまけで、.emacs.d/init.elに少し書き込んでおきましょう。

言語設定で日本語と文字エンコードを指定しておきます。

(set-language-environment "Japanese")
(prefer-coding-system 'utf-8)

あとは、必要に応じて設定を記述していってください。

まとめ

emacsの設定はとても奥深いので、1つ1つ試していってください。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac, unix
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacPortsの使い方

前提 MacPortsがインストールされている。 されていない場合は、予めインストールしておいてください。 用語として、パッケージというのが出てきます。これはunixのソフトみたいなものです。 Mac …

Macターミナルのカーソルの前のプロンプトに表示されている文字をカスタマイズする

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、ターミナルのプロンプトに関してです。 プロンプトのカスタマイズをやっていきましょう。今回も、この本から抜粋します。 プロンプトで使用できる …

emacsでバックアップファイルを作らない設定

概要 emacsは初期設定のままだと、自動的にバックアップファイルが作られます。 バックアップファイルとはemacsの作業中、何かの拍子に閉じちゃったりした時に復元されるものなのですが、正直、邪魔です …

macにnodenvをbrewで入れ、nodeをバージョン管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はnodenvを使ってmacにnodeの環境を構築したいと思います。 最近はreactの開発も活発になってきて、様々な場面でnodeを使うことが多くなっ …

mysqldumpを使ったmysqlのデータの復元(リストア)

概要 みなさんこんにはcandleです。今回はmysqlのリストアを試してみましょう。 前回くらいに、様々なバックアップを試しましたが、それを問題なくリストア(復元)できなくては、意味ないのでそういっ …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー