joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

unix

emacsでバックアップファイルを作らない設定

投稿日:2013年12月28日 更新日:


backupemacs

概要

emacsは初期設定のままだと、自動的にバックアップファイルが作られます。

バックアップファイルとはemacsの作業中、何かの拍子に閉じちゃったりした時に復元されるものなのですが、正直、邪魔です。

〜ファイル名というのがemacsのバックアップファイルです。

設定ではこれが自動生成されない様にしましょう。

バックアップファイルの問題

  1. ファイル数が倍になる

    例えばindex.html に対して~index.htmlが作られます。

  2. 公開しているファイルだと思わぬものが公開されてしまう

    バックアップも公開されてしまうのでセキュリティ的に危ない。

前提

emacsがインストールされている

設定をする

ターミナルを開きます。

次に「.emacs」を開きます。
エディタはviでもemacsでもなんでもかまいません。

.emacsに2つのコードを書き込みましょう。

;;; バックアップファイルを作らない
(setq make-backup-files nil)
(setq auto-save-default nil)

candle_—_emacs

保存します。

これで、自動的にバックアップがつくられなくなりました。

まとめ

これでセイフティにemacsでファイル作業ができるようになりました。やったね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-unix
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacにMacPortsを使ってmecabを入れる

概要 みなさんこんにちはcandleです。形態素解析エンジンmecabをmacに入れてみましょう。 mecabは日本語を分析し、名刺や形容詞などの種類に分けたりできる便利なソフトです。 よく使われる例 …

mysqlのデータベース、テーブル、データをmysqldumpを使用してバックアップする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はmysqlのデータベースのバックアップを様々試します。 データベースのバックアップと言っても、テーブルのみとか構造のみとか、様々なオプションがあります。 …

mysqldumpを使ったmysqlのデータの復元(リストア)

概要 みなさんこんにはcandleです。今回はmysqlのリストアを試してみましょう。 前回くらいに、様々なバックアップを試しましたが、それを問題なくリストア(復元)できなくては、意味ないのでそういっ …

emacsの設定環境を作る[.emacs , .emacs.d]

概要 どうもみなさんcandleです。今回はemacsの設定環境を作っていきましょう。 設定環境って造語です。 emacsはデフォルトでも十分使えますが、プラグインを加えたり設定を増やすことでより使い …

Macportsのインストール

みなさんこんにちはcandleです。パッケージ管理ツールであるMacPortsのインストールと環境構築です。 前提 1、Xcodeがインストールされている MacPortsをインストールする前に、Ma …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー