joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

Stinger3のURLまたはタブの横にあるロゴを変更する

投稿日:2014年2月1日 更新日:

Pocket

077R

概要

みなさんこんにちはcnadleです。Stinger3のカスタマイズをしましょう。どんなwebサイトでもURLの周辺にロゴがありますよね。今回はそれを変更します。
Macターミナルのカーソルの前のプロンプトに表示されている文字をカスタマイズする


条件

WordPressを利用している
Stinger3のテーマを使っている
サーバにファイルをアップロードする方法を心得ている
使用したいロゴがある


ロゴを用意する

ロゴを用意するのが一番難しいです。
私はphotoshopを使って作りました。
fwe

ロゴは32px×32pxの大きさにしましょう

ファイル名は「rogo.ico」にします

rogo.icoはStinger3に始めから用意されているファイルと同じ名前です。

拡張子は「.ico」ファイルにしてください


サーバーにアップロードする

ftpソフトを開きます。私はcyberduckというソフトを利用しています。

cyberduckでサーバの、次のパスに移動します。

wp-content/themes/stinger3ver20131023/images

パスのstinger3ver20131023の部分は使っているバージョンによって異なります。自分の使用しているパスに合わせてください。

joppot.info – SFTP

このimagesフォルダにはすでに「rogo.ico」があります。名前を変更しましょう。今回は「rogo-old.ico」にしておきます。

joppot.info – SFTP-1

そしたら、作ったロゴを「rogo.ico」というファイル名でアップロードすれば完了です。

Skitch


確認する

サイトを見てみましょう。URLの横かタグの横のロゴが変わっているでしょうか?

ブラウザにはキャッシュ機能があるので、変更が直ぐに反映されなかったりします。私のsafariはしばらく変更されなかったので、chromeで見た結果が下になります。

joppot-1

新しいロゴになっていますね。

まとめ

ロゴ大事。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MAMPのPHPからSQLite3データベースにアクセスして値を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。MAMPのSQLiteデータベースとテーブルを作成して、レコードも挿入した事なので、値を取得してみましょう。

railsのrakeで作成したmigrationファイルとstatus履歴を削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrakeコマンドで作成したマイグレーションファイルの管理を紹介します。rakeコマンドを使っていると、よくよく考えれば必要の無いファイルがある。とか重複 …

React NativeでGoogle Chrome上でのデバッグ時に動作が遅くなる場合の対処

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はReact NativeのデバッグでChromeを使うと シミュレーターの動作が遅くなってしまう問題を対処します。 とは言って …

railsのaws-sdk gemを使ってs3のフォルダ(folder)を削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はs3にあるフォルダを丸ごとrailsのaws-sdk gemを使用して削除してみたいと思います。 実はこの方法を確立するまですごく四苦八苦しました。なん …

Rails pluginでengineを使ったgemの作り方[5](view helper編)

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はgemのview helperの作り方です。 helperというのは様はgemにすることで便利になる関数を作るとというイメージです。 よくあるのが、こん …

  • English
  • 日本語

プロフィール


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー

スポンサードリンク

アーカイブ