joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

phpmyadminでmysqlデータベースの照合順序を変更する

投稿日:2014年2月2日 更新日:


log

概要

みなさんこんにちはcandleです。

ちょっとした事なのですが、意外に分からなかったのでまとめました。
phpmyadminを使ってデータベースを作ると、うっかり、utf8_general_ciじゃなくて、lation1_swedish_ciとかで作ってしまう場合があります。

そのまま放っておくと、バックアップやデータベースを移し替えた時に致命的なエラーが出る可能性があります。

utf8にしておきましょう。

phpmyadminから変更する

操作は簡単です。MAMPを起動してphpmyadminを開きます。

MAMP

そしたら、照合順序を変更したデータベースを選択します。私は「cake」というデータベースを選択します。

MAMP-2

データベースの照合順序を確認します。私のは現在「latin1_swedish_ci」になっています。

MAMP-3

タブの中の「操作」を選択しましょう。

MAMP-5

「照合順序」の項目から「utf8_general_ci」を選択し、「実行」を押しましょう。

MAMP-6

これで変更できました。「構造」のタブを押して、変更されたか確認しましょう。

MAMP-7

utf8_general_ciに変わっているでしょ。うまくいきました。

まとめ

mysqlのコマンドを使ってもこのような変更はできますが、phpmyadminを使った方が簡単でしょう。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Railsの正規表現を使用して文字列から任意の文字を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrailsの正規表現を使って任意の文字を文字列から取得する方法を紹介します。 rails4になってからなのか、railsはrubyであるにもかかわらず、 …

railsの多対多リレーションでcounter culture を使用する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回は多対多のリレーションが貼られているrailsアプリケーションで、counter cultureを使ってレコード数を数えてみたいと思います。 以下のよう …

Rails pluginでengineを使ったgemの作り方[6](config編)

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、gemの作成をやっていきます。 gemのconfigとは恐らく一般的に以下の様な状況の時に使う事になると思います。 例えば、gemのプロ …

railsのrakeのmigrationファイルを削除しNO FILEとstatusに出た時の対処

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は誤ってデータベースに反映したマイグレーションファイルを不要だと思って削除した時に、NO FILEと出てきてしまった時の対処です。 言うなれば、下のような …

Mysqlで今日以降の最も近い日付を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はmysqlで今日以降の最も近い日にちを取得する方法を紹介します。 ライブや、イベントなどで、今日から見て、最も近い日のデータを取得したみたいなことってあ …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー