joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

ソフトウェア

Xcode5にCommand Line Tools(コマンドラインツール)をインストールする

投稿日:2014年2月12日 更新日:


概要

Xcodeを使ってみようと思っているcandleです。

特にOpenCVを使用したいので、Command Line Tools(コマンドラインツール)をインストールするわけですが、どうやら、ちょっと仕様が変わったらしいです。やっていきましょう。

前提

  1. Xcode5以上であること
  2. Apple idを持っている

appleのディベロパーサイトにログインする

Command Line Toolsをインストールするには下のサイトにapple idを使ってログインする必要があります。

https://developer.apple.com/downloads/index.action

Sign in with your Apple ID - Apple Developer

Command Line Toolsをダウンロードする

ログインしたら、左のメニューから「developer tools」だけにチェックを入れてリストを表示します。

その中に「Command Line Tools」があると思います。自分のOSにあったdmgファイルをダウンロードしましょう。
私のはMavericksなので下の図のものをダウンロードします。

Downloads

ダウンロードされました。

Command Line Toolsをインストールする

ダウンロードされたdmgファイルをダブルクリックで起動すると、pkgファイルが現れます。これをダブルクリックで起動します。

Command_Line_Developer_Tools_と_Command_Line_Developer_Tools-3

インストール画面が現れるので「続ける」を押します。

Command_Line_Developer_Tools_のインストール

契約承諾も「続ける」を押します。

Command_Line_Developer_Tools_のインストール-2

インストール画面が出たら「インストール」を押します。

Command_Line_Developer_Tools_のインストール-4

パスワードを求められるので入力します。

インストールが完了したら、「閉じる」を押しましょう。

Command_Line_Developer_Tools_のインストール 2

インストール終了です。

Xcodeを起動してCommand Line Toolsを確かめる

ではXcodeを起動しましょう。

プロジェクトを新しく作成しましょう。

そしたら、左のメニューから「Application」を選びましょう。続いて右の項目から「Command Line Tool」を選択します。最後に「Next」を押しましょう。

スクリーンショット_2014_02_10_23_22-7

次に、プロジェクトの項目を埋めます。プロジェクト名は「firstclt」としました。
組織名は自分の名前で良いでしょう。私の場合は「candle」です。
company identifierといのはよくわからないので「test」 とします。
使用する言語は「C++」にしました。

スクリーンショット_2014_02_10_23_27

次にプロジェクトの保存場所が聞かれるので、好きな場所に保存しましょう。
私はホームディレクトリにxcodeというフォルダを作り、その中にさらに「clt」フォルダを作ってそこにプロジェクトを保存しました。

スクリーンショット_2014_02_10_23_31 2
こんなファイル配置にしました。
firstclt_と_firstclt

xcodeの右下の所を押して、コンソールを表示します。

firstclt_xcodeproj_—_main_cpp-4

左上の再生ボタンを押す事で、hello worldを実行できます。

firstclt_xcodeproj_—_main_cpp-7

無事にhello worldができました。

まとめ

実はこれ、後になってから気づいたのですが、もしかすると、最新版のXcode5にはCommand Line Tool最初から入っているじゃないかな? 私はXcodeはじめてなので、Command Line Toolは入っていないものだと思って、インストールしたのですが。まぁ、いずれにしても、ちゃんと動いているからokですね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-ソフトウェア
-,

執筆者:


  1. nakamura rintaro より:

    無事hello world実行できました!
    とっても分かりやすかったです。
    ありがとうございました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

redmineにLocal Avatars pluginを入れてユーザーのアバターを表示する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はredmineのユーザーのアバターを表示します。 githubに慣れていると何かしらユーザーの横に画像がないと落ち着かない時があります。 私はredmi …

centos6.5にemacs24.5をrpmからインストールする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はcentos6.5にemacs24をrpmからインストールします。 前提 適当なcentos6.5の環境がある。私はvagrantにします。

docker for Macのdocker containerからホストのmysqlに接続する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はMacのdocker containerからホストのmysqlにつなぐ方法を紹介します。 例えば、docker上でrailsやwordpressなどを …

Emacsでreact+es6に対応したflycheck + eslintの環境を構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回は以外に難しい、emacs + eslintの導入をしてみましょう。 emacsは他にもjsHintやjsxHintなどjavascriptの記法をチェ …

Atomのatom-import-jsプラグインを使ってReact componentを自動的にインポートする

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はAtomとimport-jsを使って自動的に、componentのパスをインポートしてみたいと思います。 Reactは1ファイル1コンポーネントの書き …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー