joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

ruby on railsのckeditorの画像のアップロード先をcarrierwaveとfogを使ってS3にする

投稿日:2014年9月3日 更新日:


inihfa

概要

railsのckeditorはデフォルトでrailsのuploadsフォルダにアップロードしますが、
それだとサーバの容量を取ってしまうので、画像のアップロード先をS3に上げてみたいと思います。

前提

ruby on railsの環境が整っている
ckeditorがフォームに適応されている
私はscaffoldのフォームにckeditorを適応しています。
もしもまだな人は、下のURLを参考にしてください。

ruby on railsのckeditor gemの使い方をscaffoldを用いて解説する



carrierwaveとfogをインストールする

railsのGemfileを開いて、下の内容を書き込んでください。
もしも、まだrmagickとminimagickが入っていない場合はそれも合わせてGemfileに書き込んでください。

gem 'carrierwave'
gem 'fog'

gem 'rmagick'
gem 'mini_magick'

usefivegems

保存したら、下のコマンドでgemファイルをインストールします。

bundle install --path vendor/bundle

インストールが完了しました。

ckeditorの設定を変更する

ckeditorで画像をアップロードする方法として公式サイトにもあるように、carrierwaveを使う方法が記載されています。

その方法に従えば、下のコマンドでまずサーバにアップロードするための設定が作られます。
もしも、既にckeditorでcarrierwaveを使ってサーバにファイルをアップロードする為の設定ファイルがある場合はもう作らなくてよいです。

rails generate ckeditor:install --orm=active_record --backend=carrierwave

コマンドを実行すると、いくつか設定ファイルが作られます。
その中のapp/uploaders/ckeditor_picture_uploader.rbをエディタで開きます。

strage :fileという箇所があると思うのでそれを

strage :fog

に変更します。

ckeditorpicup

保存しましょう。

次に、railsプロジェクトのconfig/initializers/に移動して、carrierwave.rbを作成します。

touch carrierwave.rb

carrierwave.rbをエディタで開いて、下の内容を記述します。
もしも、s3へのアクセスキーなどを持っていない場合は下の記事を参照して取得してください。
awsのs3を操作する為のaccess keyとsecret keyを取得する(IAM)

CarrierWave.configure do |config|
  config.fog_credentials = {
    :provider               => 'AWS',
    :aws_access_key_id      => 'IAMで取得したs3のアクセスキー',
    :aws_secret_access_key  => 'IAMで取得したs3のシークレットキー',
    :region                 => 'ap-northeast-1'
  }
  config.fog_directory = 'bucket名' if Rails.env.development?
end

例えば下のようになります(下のキーは適当に書いたものです。間違っても他人にアクセスキーとシークレットを見せないようにしてください)。

ckexample

保存しましょう。

設定は以上です。

ckeditorからs3にアップロードしてみる

サーバを起動しましょう

bundle exec rails s

次に、ckeditorがあるURLに移動します。

checkpictos3

画像アップのボタンをおして、「アップロード」からファイルを選択して「サーバーに送信」からファイルをアップロードしてみます。

ckeupwindow

アップしたら、画像のをURLを見ると、s3に上がっていますね。

yesitiss3

s3をみると
therearepics
ありますね。

まとめ

どうでしょうか?うまくいきましたか?ckeditorは素晴らしいのですが、設定をうまくやらないとできないので精密にやってみましょう。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Rubyで文字列に含んで欲しくないキーワードがある場合はマッチさせない正規表現

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はRuby主にruby on railsで文字列に含まれて欲しくないキーワードがマッチした場合は通らない正規表現を作りたいと思います。 これは例えばこのよ …

ruby on railsに最強のwysiwygエディタ、Squireを導入する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はruby on railsにsquire editorを導入したいと思います。 squireはオープンソースの便利なwysiwygエディタです。 カスタ …

CakePHPでhelloworld

概要 CakePHPでプログラミングのお約束helloworldを行いましょう。 helloworldとは動作確認も含めた、一番最初に書くプログラムコードです。 だいたいはhello worldと単純 …

Railsの正規表現を使用して文字列から任意の文字を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrailsの正規表現を使って任意の文字を文字列から取得する方法を紹介します。 rails4になってからなのか、railsはrubyであるにもかかわらず、 …

grepコマンドを使って正規表現を色々試してみるその1

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回からgrepコマンドを使って正規表現を色々試してみます。 正規表現って、使えると便利ですが、それを勉強して使いこなせている人って少ないと思います。この機会 …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー