joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

railsでsvgをviewに表示する

投稿日:


railssvgtopthumb

概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はrailsでsvgを出力します。

レスポンシブウェブデザインから始まり、最近ではwebでもsvgの使用が増えてきたような気がします。
手こずらずにsvgを表示できるようになっておきましょう。

前提

適当なrailsプロジェクトがある

ファイルを設置する

この画像をダウンロードするか、自前のsvgファイルを用意します。

reactandroidtuildtopthumb

ファイルを置く場所はapp/assets/images/になります。

setsvgfile


svgファイルをimgタグで読み込む

この方法はあまりお勧めしません。本当に簡単にsvgを表示する時だけ使用してください。

svgファイルはimgタグでも読み込めます。

問題はsvgの特徴を生かしきれないことにあります。
適当なviewに以下のように書きます。

<%= image_tag "ringsquare.svg", :width => "150", :height => "150"  %>

もしも、エラーが出た場合は幾つかしたの方法を試してください。

assetsをパスに加える
<%= image_tag "/assets/ringsquare.svg", :width => “150”, :height => “150” %>

config/initializers/assets.rbに以下を加える
Rails.application.config.assets.precompile += %w( *.svg )

表示結果は下のようになります。

mysvgimage

imgタグで読み込むとsvgは画像として扱われるので、
svg特有のfillとかstrokeとか色の変更はできません。

本当にお手軽にやる場合のみですね。

svgファイルを読み込むhelperを作成する

上記のimgとして読み込む方法はDOMがimgでしたが、svg本来のDOMはSVGです。

素晴らしい開発者の方が作成したhelperが便利です。
下記のサイトを参考にしました。

https://coderwall.com/p/d1vplg/embedding-and-styling-inline-svg-documents-with-css-in-rails

以下のファイルを開き、app/helpers/application_helper.rb
下の内容を貼り付けます。

def embedded_svg filename, options={}
    file = File.read(Rails.root.join('app', 'assets', 'images', filename))
    doc = Nokogiri::HTML::DocumentFragment.parse file
    svg = doc.at_css 'svg'
    if options[:class].present?
      svg['class'] = options[:class]
    end
    doc.to_html.html_safe
end

awesomehelper

実際に使ってみます。
適当なviewに以下のように記述します。

<%= embedded_svg("ringsquare.svg", class: "good-svg") %>

writemysvghelperfunc

表示させると以下のようになります。

svgclass

注目すべきところはDOMがsvgになっていることと、classが追加されていることです。

svgにスタイルをあてる

svgにスタイルを当てる前に、svgファイルのfillとかstrokeのデフォルトの値を空にしておきます。
これをやらないと、svgファイルの方のスタイルが優先されて適応されます。

app/assets/images/ringsquare.svgを開いて、fillとstrokeの値を空にします。

fill=”” stroke=””

emptyfillstroke

後は下のようにcssのスタイルを作成すれば、svg独特のスタイルを適応できます。

.good-svg{
  width: 150px;
  height: 150px;
  fill: #D000FA;
  stroke: #0500FA;
}

good-svgstyle

表示すると以下のようになります。

bettersvgstyle-1


まとめ

実はこの素晴らしいhelperは記事を書いている時に知って、試してみたらうまくいたのでまとめました。いいものがあるんですね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

javascript + Reactでhtmlタグの削除と許可とXSS対策

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はReactで許可したhtmlタグだけを表示し、それ以外のタグは削除するプログラムを書いてみます。 注意、本来ユーザーなどが投稿した内容をそのまま表示させ …

fabricのsshのネットワーク設定でパスワードか公開鍵を使って認証する

概要 皆さん今日はcandleです。今回はsshを使ったfabricの設定をしましょう。 一般にsshにはパスワード認証と公開鍵認証があるので、そのどちらも試してみましょう。 もちろんセキュリティ面で …

sphinxでpythonのクラスや関数のドキュメントを自動生成する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はpythonのSphinxを使ってクラスや関数の説明を自動生成します。 前提 Python3を使って説明しますが、おそらくpython2でも動くと思いま …

Rails pluginでengineを使ったgemの作り方[6](config編)

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、gemの作成をやっていきます。 gemのconfigとは恐らく一般的に以下の様な状況の時に使う事になると思います。 例えば、gemのプロ …

railsのaws-sdk gemを使ってs3のフォルダ(folder)を削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はs3にあるフォルダを丸ごとrailsのaws-sdk gemを使用して削除してみたいと思います。 実はこの方法を確立するまですごく四苦八苦しました。なん …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー