joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac

macにnodenvをbrewで入れ、nodeをバージョン管理する

投稿日:2016年10月17日 更新日:


nodenvinstallationthumb

概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はnodenvを使ってmacにnodeの環境を構築したいと思います。
最近はreactの開発も活発になってきて、様々な場面でnodeを使うことが多くなってきたと思います。

そうなってくるとnodeのバージョンが重要になってきます。nodeは私の主観ですが、まだまだ、バグや開発段階のものが多く、最新バージョンにしたからといって必ずしも良いとは限らないことがあります。

そこでrubyとかと同じように、nodeをバージョン管理するnodenvを使ってnodeの環境を整えます。

注意)nodenvはnodeenvというのもあり、どっちが良いか私もよくわからないのですが、nodenvでやっていきます。間違わないようにしましょう。

前提

brewが入っている。


nodenvのインストール

ターミナルを開いて以下をうちこみます。

brew install nodenv

インストールが終わったら、ホームディレクトリの.bash_profileを開いて、 以下を記述します。

eval "$(nodenv init -)"

nodenvのインストールが終わりました。


nodeをインストールする

続いてnodenvからnodeをインストールしてみます。
私は今6.5.0を使っているので、それをインストールします。

まずは確認します。

nodenv install --list

これでインストールできるnodeのバージョン一覧が表示されます。

6.5.0があるのを確認します。

checknode650

そしたら、こんな感じで、インストールします。

nodenv install 6.5.0

runinstallnodecom

インストールが終わったら、リハッシュします。これは多分再読み込みととかリロード的な意味だと思います。

nodenv rehash

この状態ではまだインストールした6.5.0は使えません。
以下のコマンドでmac全体で使用するように宣言します。

nodenv global 6.5.0

weupgradenodeversion
これでいいですね。

まとめ

これで任意のバージョンでnodeが使えるようになります。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Aptana studio 3をmacにインストールする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は統合開発環境のAptana studio 3の導入をやってみましょう。統合開発環境というのはプログラミングをする時様々な機能やサポートを盛り込んだエディ …

ブルーライトカットソフト[ f.lux ]の使い方

概要 どうもみなさんこんにはcandleです。今回はf.luxの導入と使い方を説明したいと思います。 f.luxはブルーライトをなるべく減らすソフトウェアです。 f.luxはシークバーでブルーライトカ …

Macのターミナルに奇麗な色をSolarizedで付ける

概要 (追記、2018年11月に書き直しました) みなさんこんにちはcandleです。 今回はターミナルに色を付けていきます。 ターミナルってデフォルトだと色と表示に迫力がありません。白地に黒文字って …

最高に見やすいターミナルのフォントを選ぶ

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回は最高に見やすいターミナルのフォントと題し、解説していきたいと思います。 フォントを選ぶことは人生を選ぶくらい大事なことなのはお分かりだと思います。 プ …

MacPortsの使い方

前提 MacPortsがインストールされている。 されていない場合は、予めインストールしておいてください。 用語として、パッケージというのが出てきます。これはunixのソフトみたいなものです。 Mac …

  • English
  • 日本語

ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー