joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

React NativeでGoogle Chrome上でのデバッグ時に動作が遅くなる場合の対処

投稿日:2017年1月10日 更新日:


debugthumb

概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はReact NativeのデバッグでChromeを使うと
シミュレーターの動作が遅くなってしまう問題を対処します。

とは言っても簡単で、Google Chromeの代わりにChromiumを使用するだけです。

前提

Reactの開発環境が整っている


Chromiumをインストールする

それでは早速Chromiumをインストールします。
webサイトからもダウンロードできますが
brewを使うと便利です。

brew cask install chromium

caskisntallchromium

インストールが完了しました。

デバッグしてみる

適当なreact-native プロジェクトでまずは起動します。

react-native run-ios

起動したら、シミュレーター上で cmd + d を押します。
メニューが出てくるので、「Debug JS Remotely」を選びます。

enabledebugjsremote

Google Chromeが起動します。

googlechromedebugwihndow

残念ながら、どうやったらデフォルトのブラウザをChromiumにするかわからないので、
まずはGoogle Chromeで起動して、そのURLをコピってChromiumに移す方法をとります。

URLをコピーして、Chromiumを立ち上げます。
コピーしたURLを貼り付けて移動します。

chromeiumdebugwindow

上の写真の様に「Status: Another debugger is already connected」と出てきます。
これはGoogle Chrome側でつないでいるので警告が出てくるのです。

なので、Google Chromeを終了します。

シミュレーター側でエラーがでますが、cmd + Rでリロードしてあげると、
Chromium側につないで正常に動きます。

simulatordebugerror

無事Chromium側につながりました。

chromiumconnectsuccess

まとめ

私の場合はこれでシミュレーターの速度は早くなりました。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ReactでFaker.jsを利用してダミーデータを生成する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はFaker.jsをReactで使ってみようと思います。 Faker.jsの使用目的は様々あると思います。多くの場合はテストで使うと思うのですが、今回は簡 …

ruby on railsのckeditorの画像のアップロード先をcarrierwaveとfogを使ってS3にする

概要 railsのckeditorはデフォルトでrailsのuploadsフォルダにアップロードしますが、 それだとサーバの容量を取ってしまうので、画像のアップロード先をS3に上げてみたいと思います。 …

pythonのfabricでファイルを分割しfabfileに読み込む方法

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はfabricで分割したpythonファイルを読み込んでみましょう。 fabricはfabfile.pyというファイルに実行したいコマンドを書くのですが、 …

memcachedサーバとruby on railsのdalliを使用してセッションを管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はmemcachedサーバを利用してrailsのセッションを管理してみたいと思います。 一般にrailsでセッション管理をしていると、ブラウザのcooki …

wordpressのwp_queryでpost投稿の記事一覧を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 最近はwordpressの開発を行っており、そこで、試行錯誤したwp_queryを使った記事一覧の取得の仕方を紹介します。wordpressは少し前まで、q …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー