joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

React NativeでGoogle Chrome上でのデバッグ時に動作が遅くなる場合の対処

投稿日:2017年1月10日 更新日:

Pocket

debugthumb

概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はReact NativeのデバッグでChromeを使うと
シミュレーターの動作が遅くなってしまう問題を対処します。

とは言っても簡単で、Google Chromeの代わりにChromiumを使用するだけです。

前提

Reactの開発環境が整っている

SPONSORED LINK


Chromiumをインストールする

それでは早速Chromiumをインストールします。
webサイトからもダウンロードできますが
brewを使うと便利です。

brew cask install chromium

caskisntallchromium

インストールが完了しました。

デバッグしてみる

適当なreact-native プロジェクトでまずは起動します。

react-native run-ios

起動したら、シミュレーター上で cmd + d を押します。
メニューが出てくるので、「Debug JS Remotely」を選びます。

enabledebugjsremote

Google Chromeが起動します。

googlechromedebugwihndow

残念ながら、どうやったらデフォルトのブラウザをChromiumにするかわからないので、
まずはGoogle Chromeで起動して、そのURLをコピってChromiumに移す方法をとります。

URLをコピーして、Chromiumを立ち上げます。
コピーしたURLを貼り付けて移動します。

chromeiumdebugwindow

上の写真の様に「Status: Another debugger is already connected」と出てきます。
これはGoogle Chrome側でつないでいるので警告が出てくるのです。

なので、Google Chromeを終了します。

シミュレーター側でエラーがでますが、cmd + Rでリロードしてあげると、
Chromium側につないで正常に動きます。

simulatordebugerror

無事Chromium側につながりました。

chromiumconnectsuccess

まとめ

私の場合はこれでシミュレーターの速度は早くなりました。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

react0.14 + gulp + express + babelでReactのチュートリアル環境構築をする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は、react0.14のnodeの環境構築をします。 react0.14はまだまだ、開発段階にあり、しばしば仕様変更が行われています。 0.13の時では使 …

railsの多対多リレーションでcounter culture を使用する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回は多対多のリレーションが貼られているrailsアプリケーションで、counter cultureを使ってレコード数を数えてみたいと思います。 以下のよう …

CakePHPでhelloworld

概要 CakePHPでプログラミングのお約束helloworldを行いましょう。 helloworldとは動作確認も含めた、一番最初に書くプログラムコードです。 だいたいはhello worldと単純 …

phpmyadminでmysqlデータベースの照合順序を変更する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 ちょっとした事なのですが、意外に分からなかったのでまとめました。 phpmyadminを使ってデータベースを作ると、うっかり、utf8_general_ci …

railsのcoffee scriptをurl判定をして実行をする方法

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はcoffeescriptを任意のURLで実行する様にする関数を作ります。 というのはrailsは最終的にassetspiplineでjavascrip …

プロフィール


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー

twitter

スポンサードリンク

アーカイブ