joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

サーバ

centos6.5にtd-agentサーバを構築する

投稿日:2017年3月3日更新日:

Pocket


概要

みなさん、こんにちはcandleです。
今回はcentos6.5にtd-agentサーバを構築してみたいと思います。

td-agentとは要はfluentdの事だと思います。
fluentdをデーモン化したり、GUI作ってくれたり便利にしたのがtd-agentだと思います。
 

前提

centos6.5がある。vagrantでも問題ありません。
解説はvagrant上で行います。


基本のライブラリをインストールする

td-agentサーバで使うライブラリをインストールします。

sudo yum install -y git openssl openssl-devel readline readline-devel

最低限必要なライブラリはこれだけです。

rbenvをインストールする

rubyのインストールは、もちろんyumからインストールしても良いのですが、rbenvから入れる方がfluentdのバージョン変更や、railsとの共存など、様々な状況に対してrubyのバージョンを変更できるのでおすすめです。

以下のコマンドでrbenvをリポジトリから持ってきて

sudo git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git /usr/local/rbenv

rbenv以下の権限をvagrantユーザーに変更します。

sudo chown -R vagrant /usr/local/rbenv

/usr/local/rbenvは/binや/usr/binのような実行ファイルのディレクトリに設定されていません。

パスを通さないと、rbenvをインストールしてもグローバルに実行できません。
なので、パスを通します。

/etc/profileを開き、以下を一番下に記述します。

export RBENV_ROOT=/usr/local/rbenv
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init -)"

rbenvだけではrubyのインストールができないので、rbenvのプラグインであるruby-buildをインストールします。
以下のコマンドを実行します。

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build

インストールが終わったら、一度、/etc/profileを再読み込みし,rbenvをrehashします。

source /etc/profile
rbenv rehash


rubyをインストールする

td-agent(fluentd)のrubyの推奨バージョンはよくわかりませんが、最新でも動くと思います。

rbenv install 2.3.3

centos全体で2.3.3を使う宣言し、リフレッシュします。

rbenv global 2.3.3
rbenv rehash

rubyがインストールできました。


td-agentをインストールする

続いて、td-agentをインストールします。
公式サイトにある以下のコマンドでインストールします。

curl -L https://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent2.sh | sh

特にエラーなく終われば、インストール完了です。

td-agentの起動

td-agentの起動は以下のコマンドになります。

sudo service td-agent start

デーモンでサーバ起動時に自動的に立ち上がるようにしておきます。

sudo chkconfig td-agent on

td-agent-uiのセットアップ

td-agentはtd-agent-uiというweb上でプラグインの管理やログ操作ができる機能があるので、これを使ってみましょう。

webでのアクセスになるので、あらかじめvagrantの設定でポート9292を開けておきます。

一度、vagrantを出て、vagrantを止めます。

vagrant halt

Vagrantfileを開いて、以下を記述し、ポートを開きます。
IPアドレスも割り振っておきます。

  config.vm.network :forwarded_port, guest: 9292, host: 9292
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

ファイルを保存して、vagranを起動させます。

vagrant up

td-agent-uiの起動

td-agent-uiは簡単に起動できます。

sudo td-agent-ui start

で起動します。

いくつかwarningが出ていますが、多分大丈夫です。

Macの方のブラウザでhttp://192.168.33.10:9292にアクセスします。

アカウント名は「admin」パスワードは「 changeme」です。

こんな感じです。
セットアップの画面がでてきます。fluentdかtd-agentが選べます。td-agentを選びましょう。

td-agentの設定ファイルなどが展開されます。
セットアップは以上です。
詳しい操作などはまた別の記事で。

まとめ

以上でfluentdを構築できました。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-サーバ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

redmineにclose button pluginを入れて終了したチケットをボタン1つで閉じる

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はとても便利なチケットを終了させるボタンを、表示できるプラグンの導入の仕方を紹介します。 チケットは一般に以下のコマンドのみチケット詳細で表示されています …

railsのaws-sdk gemを使ってs3のフォルダ(folder)を削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はs3にあるフォルダを丸ごとrailsのaws-sdk gemを使用して削除してみたいと思います。 実はこの方法を確立するまですごく四苦八苦しました。なん …

awsのs3を操作する為のaccess keyとsecret keyを取得する(IAM)

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はrailsやphpからS3にファイルをアップロードしたりする権限を取得する方法を紹介します。一般にS3にファイルをアップロードしたり削除するにはアクセスキ …

ec2のメモリ状態をwatchとfreeで監視する

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はec2のメモリをリアルタイムで監視する方法を紹介します。 ec2サーバはt2.microだとメモリが1GBしかなく、その上でco …

td-agent-uiのセットアップとfluent-catで動作確認

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はtd-agent-uiのセットアップと動作確認をしてみたいと思います。 td-agentはfluentdをよりサーバで運用しやす …

プロフィール


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー

スポンサードリンク

アーカイブ