joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

サーバ

ec2のメモリ状態をwatchとfreeで監視する

投稿日:2017年3月13日 更新日:



概要

みなさんこんにちはcandleです。今回はec2のメモリをリアルタイムで監視する方法を紹介します。
ec2サーバはt2.microだとメモリが1GBしかなく、その上でcomposerやrails、mysqlを動かすとメモリーがカツカツになることがあります。

そんな時、メモリを監視して、サーバをチューニングできれば便利です。


前提

適当なEC2サーバがある


メモリを監視するfreeコマンド

現在のメモリの状態を表示するコマンドは「free」です。
試しに、実行してみましょう。

free

tatalで1GBあり、300MBほど使われているのが分かります。
freeコマンドだけでは、常に状態を監視し続けることはできません。

watchコマンドとの組み合わせ

そこで、watchコマンドと組み合わせて、表示してみましょう。
watchコマンドは一般に以下のように使います。

watch -n 間隔 繰り返したいコマンド

例えば、1秒ごとに freeを実行したい場合は以下のようにします。

watch -n 1 free

しばらく見ていると、usedやfreeの値が変わります。
終了したい時はctrl + cで終わります。

変更された箇所に色をつける -d フラグも便利です。

watch -n 1 -d free



関数にしておく

よく使う場合は関数にしておくと便利です。
.bash_profileを開いて、以下を記述します。
lfはloop freeの略です。

function lf(){
  watch -n 1 -d free
}

保存したら、.bash_profileを読み込み

source ~/.bash_profile

lfコマンドを実行すると、メモリの監視ができます。

lf



まとめ

サーバの様々な場面で使用できるでしょう。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-サーバ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Reactをawsコマンドを使ってs3にデプロイする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はcreate-react-appで作成したreactプロジェクトをS3にデプロイしてみたいと思います。React webのいいところはbuildして作ら …

wordpressのカテゴリーを削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はwordpressのカテゴリー削除に関してです。実は私、タグとカテゴリーを間違えていて、初期の頃はカテゴリーで全て分類していました。後に、タグで管理する …

wordpress skeletonを使った開発環境の構築

はじめに みなさんこんにちはcandleです。wordpressは大変便利なのですが、いまいちgitで管理するのが難しいものです。 というのも、wordpress全体をgit管理対象にしてしまうと、w …

centosのfluentdをdaemon toolsを使って自動起動する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回は、fluentdの自動起動を試したいと思います。 centosかつfluentdかつdaemon toolsって誰に需要があるのか分からない記事ですがよ …

AWSのLoad Blancer越しのアクセスをapacheのカスタムログを使用して取得し、かつfluentdで取得する方法

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はELB越しのapacheのアクセスをカスタムログを使用した場合にfluentdで如何にして取るかを紹介します。 fluentdがapacheのacces …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー