joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

wordpressのbogoプラグインのショートコードをカスタマイズする

投稿日:2017年3月29日 更新日:



概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はwordpress bogoのショートコードをカスタマイズしてみたいと思います。
紹介する項目は以下の2つです。

  • 国旗の表示、非表示
  • テキストの変更

になります。

関連記事

wordpressのbogoでサイトで使用する言語を「en-US」から「en」に変更する方法

前提

wordpress bogoがインストールされている
wordpressのテーマを編集できる


国旗の表示非表示

bogoのショートコードは[bogo]を貼り付けるだけで、どこでも他の言語へ移動するリンクを表示してくれます。
その時、自動的に国旗が表示されます。

場合によっては国旗が必要でないこともあるので、非表示にしてみましょう。
各テーマのフォルダにあるfunctions.phpを開きます。
一般に以下のパスにあります。

wp-content/themes/テーマ名/functions.php

開いたら、以下の内容を記述します。

add_filter( 'bogo_use_flags','bogo_use_flags_false');
function bogo_use_flags_false(){
 return false;
}

add_filterでfalseを投げてあげれば、国旗は非表示されます。



表示されるテキストを変更する

例えば、先日の記事の様に、言語をen-USからenに変更した際、
英語のリンクが「English (United States)」では違和感があります。

そこで、例えば「English (United States)」から「English」に変換する方法を紹介します。
もちろん、好きな文字を変更できるので、用途に合わせて変更してください。

function.phpを開いて、以下を記述します。

add_filter( 'bogo_language_switcher','replace_bogo_text');
function replace_bogo_text($output){
 return str_replace(' (United States)','',$output);
}

実はこの方法はかなりの荒技です。

[bogo]のショートコードで表示される結果全体に対して、置換をかけています。
もう少しスマートな方法を試そうとしたのですが、今の所これが最善かと思います。

ちゃんと文字が変更されていますね。

ショートコードを根本から変更する

実は付け焼刃的な解決ではなく、もっと根本から変更する方法があります。
bogoプラグインの中のショートコード生成コードをオーバーライドして自分用にするというものです。

大掛かりな変更を行う場合はこちらの方法を使用すると、より細かくカスタマイズが可能です。
この記事では扱いませんが、以下のサイトに詳しく書いてあります。

https://qox.jp/blog/bogo-wordpress/

まとめ

このサイトはここでまとめた方法で他言語に対応させています。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PEARのDBライブラリのインストールと使い方

概要 みなさんこんにちはcandleです。PEARには複数の便利なライブラリがあります。 その中の1つに実はもう古くなってあまり推奨されていませんが、データベースにつないだり、データベースの値を取得す …

React NativeでGoogle Chrome上でのデバッグ時に動作が遅くなる場合の対処

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はReact NativeのデバッグでChromeを使うと シミュレーターの動作が遅くなってしまう問題を対処します。 とは言って …

ruby on railsで出力されるlog(ログ)のフォーマットを変更する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrailsのログに関する記事です。railsは決まった記述でログを出力します。 webアプリケーションを実行中におかしな挙動が合った場合はこのログをもと …

railsのsimple-captcha gemを使用してform_forを使ったフォームを画像認証する

概要 みなさんこんにちはcandleです。公に開かれたフォームはスパムや総当り攻撃を受けやすいです。 そこで、画像認証を導入して、悪意のあるフォームを拒否してみましょう。 simple-captcha …

railsのmodelで各データが何個あるかカウントする

概要 皆さんこんにちはcandleです。 今回は、railsでレコードのデータそれぞれ何個あるのか数える方法を紹介します。 mysqlだと簡単なのですが、railsだとよくわからなかったので、いろいろ …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー