joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

wordpressのbogoプラグインのショートコードをカスタマイズする

投稿日:2017年3月29日 更新日:



概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はwordpress bogoのショートコードをカスタマイズしてみたいと思います。
紹介する項目は以下の2つです。

  • 国旗の表示、非表示
  • テキストの変更

になります。

関連記事

wordpressのbogoでサイトで使用する言語を「en-US」から「en」に変更する方法

前提

wordpress bogoがインストールされている
wordpressのテーマを編集できる


国旗の表示非表示

bogoのショートコードは[bogo]を貼り付けるだけで、どこでも他の言語へ移動するリンクを表示してくれます。
その時、自動的に国旗が表示されます。

場合によっては国旗が必要でないこともあるので、非表示にしてみましょう。
各テーマのフォルダにあるfunctions.phpを開きます。
一般に以下のパスにあります。

wp-content/themes/テーマ名/functions.php

開いたら、以下の内容を記述します。

add_filter( 'bogo_use_flags','bogo_use_flags_false');
function bogo_use_flags_false(){
 return false;
}

add_filterでfalseを投げてあげれば、国旗は非表示されます。



表示されるテキストを変更する

例えば、先日の記事の様に、言語をen-USからenに変更した際、
英語のリンクが「English (United States)」では違和感があります。

そこで、例えば「English (United States)」から「English」に変換する方法を紹介します。
もちろん、好きな文字を変更できるので、用途に合わせて変更してください。

function.phpを開いて、以下を記述します。

add_filter( 'bogo_language_switcher','replace_bogo_text');
function replace_bogo_text($output){
 return str_replace(' (United States)','',$output);
}

実はこの方法はかなりの荒技です。

[bogo]のショートコードで表示される結果全体に対して、置換をかけています。
もう少しスマートな方法を試そうとしたのですが、今の所これが最善かと思います。

ちゃんと文字が変更されていますね。

ショートコードを根本から変更する

実は付け焼刃的な解決ではなく、もっと根本から変更する方法があります。
bogoプラグインの中のショートコード生成コードをオーバーライドして自分用にするというものです。

大掛かりな変更を行う場合はこちらの方法を使用すると、より細かくカスタマイズが可能です。
この記事では扱いませんが、以下のサイトに詳しく書いてあります。

https://qox.jp/blog/bogo-wordpress/

まとめ

このサイトはここでまとめた方法で他言語に対応させています。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

railsのwebrickでi18nの言語切り分けをサブドメインで設定する

概要 みなさんこんにちはcandleです。最近では海外展開も視野に入れたwebアプリケーションの開発が行われることが多くなってきているような気がします。 そうなってくると、webアプリケーションの国際 …

scikit-learnの4つの関数で機械学習などのデータを前処理する

概要 皆んさんこんにちはcandleです。今回はpythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』を使い、データの前処理をしてみます。 scikit-learnでは変換器と呼ばれるものを使い …

docker コマンドのショートカットをbash aliasで作成しました

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はdockerコマンドを簡単に操作するためのエイリアスを紹介します。もちろん、僕が便利かなと思って作成したものなので、コピペしてもらい自由により使いやすく …

ruby on railsのckeditor gemの使い方をscaffoldを用いて解説する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はruby on railsのckeditorという素晴らしいgemを使って見たいと思います。 ckeditorとはweb版の高機能なwordとかテキスト …

railsのfluent-loggerとdevise gemを使ってユーザーの行動をfluentdサーバに収集する

概要 fluentdと言えば、ビックデータで扱うようなデータを集め出力するサーバですが、これとrailsのfluent-logger gemとdevise gemを組み合わせてユーザーの行動ログをとっ …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー