joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

サーバ

EC2にRDSの為のmysqlコマンドのみをインストールする

投稿日:2017年4月28日 更新日:


概要

みなさんこんにちはcandleです。今回はちょっとしたことですが、忘れない様にまとめておきます。
EC2でRDSを使う場合 EC2の中にMysqlサーバーは必要ありません。
ただmysqlコマンドのみ入れたい場合があります。
その方法を紹介します。

前提

ec2とrdsを使っている


mysql-develのインストール

mysqlのサーバはyumのmysql-serverです。
それを操作する為のライブラリはmysql-develです。

なので、mysql-develのみをインストールすればokです。

確認してみると

yum info mysql-devel

インストールします。

sudo yum install mysql-devel

これでokです。

試しに、以下を実行するとmysqlが立ち上がらないのがわかります。

sudo service mysqld start

一方で、msyqlログインの為のコマンドは存在します。

mysql -u root -p

あとはRDSのユーザー、パスワード、ホストを指定すればログインできます。

まとめ

備忘録的にまとめました。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-サーバ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

React + S3 + Route53 + CloudFrontでSSL使ってHTTPS化

概要 みさんさんこんにちはcandleです。今回はS3にデプロイしたReact webの通信をSSL化してみたいと思います。 最近はAPIサーバとReactフロントエンドを分離してwebサービスを提供 …

pythonのfabricでファイルを分割しfabfileに読み込む方法

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はfabricで分割したpythonファイルを読み込んでみましょう。 fabricはfabfile.pyというファイルに実行したいコマンドを書くのですが、 …

td-agentでnginxのerror.logとaccess.logを取得する

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はtd-agentでnginxのログを収集します。 td-agentで解説しますが、fluentdと設定は基本的に同じになると思う …

awsのs3を操作する為のaccess keyとsecret keyを取得する(IAM)

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はrailsやphpからS3にファイルをアップロードしたりする権限を取得する方法を紹介します。一般にS3にファイルをアップロードしたり削除するにはアクセスキ …

ElastiCacheのmemcachedとEC2上のrailsとdalli-elasticacheを使ってキャッシュ管理する

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はaws上にあるElastiCacheというサービスを使って railsのキャッシュを管理したいと思います。 キャッシュというのはwebサービス上でよく使う …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー