joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac ソフトウェア

MacにPlantUML環境をbrewを使って構築する

投稿日:


概要

みなさんこんにちはcandleです。
今回はUMLを簡単に作成できるplantUMLの環境をMacに構築したいと思います。
私はUML作成ツールはこれまで、starUMLを使っていましたが、どうもplantUMLの方が便利そうなので挑戦してみます。


前提

brewがインストールされている。

javaのバージョンを確認

javaは恐らく、macに標準で入っています。
plantUMLはmac標準のjavaで動くと思います。
ターミナルを起動して、以下のコマンドでバージョンを確認しましょう。

java -version

1.8系なら動くと思います。

graphvizのインストール

graphvizはグラフ作成ツールです。
主にノードと線を扱うグラフを書くときに重宝します。
plantUMLでもグラフを描画するときに使うらしいのでインストールします。

brew install graphviz


plantUMLのインストール

plantUMLもbrewでパッケージが存在するので簡単にインストールができます。

brew install plantuml

インストールが終わったら、plantuml -vと打ち込みましょう。

plantuml -v


Hello plantUML

試しにumlを描いてみます。

適当なフォルダでumlファイルを作成

touch hello.uml

エディタでhello.umlを開いて、以下を書き込みます。

@startuml
Bob -> Alice : hello
@enduml

保存しましょう。
ターミナル上で以下を実行します。

plantuml hello.uml

すると、png画像が生成されます。

hello.pngを見るとumlが描画されています。

いい感じですね。

まとめ

UMLはプロジェクトを穏便に遂行するために本当に役立つツールです。
どんどん活用していきましょう。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac, ソフトウェア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

let’s encryptのssl証明書をvagrantのubuntuを使用して取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。2014年の後期にmozillaあたりが主導して、無料のssl証明書作ろうという動きがありました。ついに去年の12月にβ版がでたので、早速試してみました。 ち …

redmineにLocal Avatars pluginを入れてユーザーのアバターを表示する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はredmineのユーザーのアバターを表示します。 githubに慣れていると何かしらユーザーの横に画像がないと落ち着かない時があります。 私はredmi …

Mac OS X Mavericks にruby on rails4の環境を構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はruby on railsの永遠のテーマ環境構築と環境設定をやっていきましょう。 ruby on railsは近頃のwebアプリケーションではよく使われ …

Macのフォントをbrew-cask-fontsを使ってインストールし管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はMacのフォントをbrew-cask-fontsを利用してインストールし管理する方法を紹介します。 macのフォントの管理は一般にFont Bookとい …

Atomにreact+es6対応したeslintの環境を構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はAtom + eslintの導入をしてみましょう。 以前書いたemacsより圧倒的に環境作りが簡単です。 近年はeslintが主流になってきて、Ato …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー