joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

mac

nodenvでインストールリストとnodeのバージョンをアップデートする

投稿日:


概要

皆さんこんにちはcandleです。今回はbrewでインストールしたnodenvのインストールリストの更新とnodeのバージョンの更新をしてみましょう。

nodeの開発は活発であっという間にnodeのバージョンが進んでしまいます。

そこで今回はnodeのバージョンを更新する方法を紹介します。

前提

brewでnodenvをインストールしている

nodeリストを更新する

古くなったnodenvのインストールリストは時間とともに古くなります。
以下のコマンドを実行しても、最新のnodeが表示されない事があります。

nodenv install --list

これはnodenvとnode-buildが持っているリスト情報が古いからです。

リストをアップデートしましょう。

brewでnodenvとnode-buildを更新します。

brew upgrade nodenv node-build

重要な点はnode-buildがnodeのリスト情報を持っているので必ずアップグレードする必要があります。

アップグレードが終わったらもう一度リストを表示しましょう。

nodenv install --list

新しくなりました。

新しいバージョンのNodeをインストールする

続いて新しいNodeをインストールします。

ちなみに私のnodeのバージョンは8.9.0なので8系でアップデートします。

最新バージョンは8.12.0なのでそれをインストールしてみます。

nodenv install 8.12.0

インストールが終わったら、確認します。

nodenv versions

上の画像を見るとわかる様に、まだグローバルのnodeのバージョンは8.9.0になっています。
下のコマンドで、8.12.0にしましょう。

nodenv global 8.12.0

バージョンを確認しましょう。

node --version

うまくいきましたね。

まとめ

nodenvとnode-buildをうまく使って最新のnodeを使いバシバシコードを書いていきましょう。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-mac
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルーライトカットソフト[ f.lux ]の使い方

概要 どうもみなさんこんにはcandleです。今回はf.luxの導入と使い方を説明したいと思います。 f.luxはブルーライトをなるべく減らすソフトウェアです。 f.luxはシークバーでブルーライトカ …

Mac OS X Mavericks にruby on rails4の環境を構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はruby on railsの永遠のテーマ環境構築と環境設定をやっていきましょう。 ruby on railsは近頃のwebアプリケーションではよく使われ …

Macターミナルのカーソルの前のプロンプトに表示されている文字をカスタマイズする

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回は前回に引き続き、ターミナルのプロンプトに関してです。 プロンプトのカスタマイズをやっていきましょう。今回も、この本から抜粋します。 プロンプトで使用できる …

macにnodenvをbrewで入れ、nodeをバージョン管理する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はnodenvを使ってmacにnodeの環境を構築したいと思います。 最近はreactの開発も活発になってきて、様々な場面でnodeを使うことが多くなっ …

ターミナルの設定ファイルを作る[.bash_profile]

概要 こんにちはcaldheです。今回はMacにあるターミナルの設定ファイルの作り方です。ターミナルを初期設定のまま立ち上げるとbashというシェルが動きます。シェルというのはUnixのインターフェイ …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー