joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

プログラミング

Rubyで文字列に含んで欲しくないキーワードがある場合はマッチさせない正規表現

投稿日:


概要

みなさんこんにちはcandleです。今回はRuby主にruby on railsで文字列に含まれて欲しくないキーワードがマッチした場合は通らない正規表現を作りたいと思います。

これは例えばこのような場合です。「Bitcoin」とか「Bitcoin ~」いうワードはマッチしたいけど、「BitcoinCash」と「Bitcoin Cash」はマッチしたくない場合などです。

○ Bitcoin
○ Bitcoin Core
× BitcoinCash
× Bitcoin Cash

前提

なし

正規表現を書く

文字列に含んで欲しくないキーワードがある場合はマッチしない正規表現はこれです。

 /含んでいてほしいキーワード(?!含んで欲しくないキーワード)/

例えば、「Bitcoin」と「Bitcoin 〜」はok、「Bitcoin Cash」と「BitcoinCash」を弾きたい場合はこのようになります。|ORと\sスペース記号が組み合わさってます。

reg = /Bitcoin(?!Cash|\sCash)/

サンプルコードはこのようになります。

name1 = "Bitcoin"
name2 = "Bitcoin Core"
name3 = "BitcoinCash"
name4 = "Bitcoin Cash"

reg = /Bitcoin(?!Cash|\sCash)/

if name1 =~ reg
  p name1
end

if name2 =~ reg
  p name2
end

if name3 =~ reg
  p name3
end

if name4 =~ reg
  p name4
end

まとめ

正規表現は分かってしまえばその通りだなと思うのですが、導き出すまでには結構苦労しますよね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Railsの正規表現を使用して文字列から任意の文字を取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrailsの正規表現を使って任意の文字を文字列から取得する方法を紹介します。 rails4になってからなのか、railsはrubyであるにもかかわらず、 …

scikit-learnの4つの関数で機械学習などのデータを前処理する

概要 皆んさんこんにちはcandleです。今回はpythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』を使い、データの前処理をしてみます。 scikit-learnでは変換器と呼ばれるものを使い …

railsのform_forとstrong parametersを使用してpdfをアップロードする

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はrailsのform_forを使って、railsプロジェクトのpublicディレクトリにpdfファイルをアップロードしてみましょう。 form_forは …

pythonのfabricでファイルを分割しfabfileに読み込む方法

概要 皆さんこんにちはcandleです。今回はfabricで分割したpythonファイルを読み込んでみましょう。 fabricはfabfile.pyというファイルに実行したいコマンドを書くのですが、 …

gemspecのsummary項目とdescription項目の違いに付いて

概要 みなさんこんにちはcandleです。 gemを自作していたら、gemspecのところでsummaryとdescriptionの違いが分からなかったので、 調べたら、公式ページに書いてあったので、 …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー