joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

サーバ

S3にホスティングしたReactにRoute53の独自ドメインを割り振る

投稿日:


概要

みなさんこんにちはcandleです。今回はS3にホスティングしたReactにRoute53の独自ドメインを割り振ってみましょう。

前提

  1. Route53にドメインを持っている
  2. S3にドメインと同じバケットを持っている
  3. Reactが既にS3にホスティングされている

重要なことですが、S3のバケットとRoute53で取得したドメイン名は同じである必要があります。まだ、S3にバケットが作られてなかったり、ReactがS3にホスティングされてない方は前回の記事を参照してください。

確認

Route53のドメイン

私はjoppot.infoのドメインをRoute53に持っています。これのサブドメインのreacttest.joppot.infoを割り振りたいと思います。

S3のバケット

reacttest.joppot.infoというS3バケットを作ってあり、そこにReactアプリケーションをデプロイしてあります。

http://reacttest.joppot.info.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

ドメインを割り振る

実際この作業は簡単です。Route53の画面に移動し、左のメニューから「Hosted zones」を選びます。

割り振りたいドメインを選びます。

最初に「Create Record Set」を押ます。あとはこの項目を埋めていきます。

  • Nameはサブドメインを利用しない場合はそのままにします。
  • Type は「A – IPv4 address」にします。
  • AliasをYesにします。
  • Alias Targetに作成したバケットを選びます。

最後に「Create」ボタンを押せば完了です。

しばらくすると、割り振ったドメインでアクセスできるようになります。

まとめ

これでどんどんReactアプリを公開できますね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-サーバ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ec2からvimをアンインストールして削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はec2のデフォルトで入っているvimを削除してみたいと思います。 emacs使いの私としてはvimは、まぁ、いらないと考えました。 もちろんviが入っ …

redmineにclose button pluginを入れて終了したチケットをボタン1つで閉じる

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はとても便利なチケットを終了させるボタンを、表示できるプラグンの導入の仕方を紹介します。 チケットは一般に以下のコマンドのみチケット詳細で表示されています …

apache2.4でvirtualhost毎に環境変数を定義しphpで使用する方法

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はapache2.4でバーチャルホスト毎に環境変数を定義して、それをphp側で受け取る方法を紹介します。 例えば、wordpre …

MAMPでSSLを使ったhttps通信を行う

概要 みなさんこんにちはcandleです。最近SSL通信で根幹に関わるセキュリティホールが見つかったのは記憶に新しいですね。 今回扱う、https通信というのは公開鍵暗号方式を使ったセキュアな通信のこ …

let’s encryptのssl証明書をvagrantのubuntuを使用して取得する

概要 みなさんこんにちはcandleです。2014年の後期にmozillaあたりが主導して、無料のssl証明書作ろうという動きがありました。ついに去年の12月にβ版がでたので、早速試してみました。 ち …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー