joppot

コピペで絶対動く。説明を妥協しない

サーバ

S3にホスティングしたReactにRoute53の独自ドメインを割り振る

投稿日:


概要

みなさんこんにちはcandleです。今回はS3にホスティングしたReactにRoute53の独自ドメインを割り振ってみましょう。

前提

  1. Route53にドメインを持っている
  2. S3にドメインと同じバケットを持っている
  3. Reactが既にS3にホスティングされている

重要なことですが、S3のバケットとRoute53で取得したドメイン名は同じである必要があります。まだ、S3にバケットが作られてなかったり、ReactがS3にホスティングされてない方は前回の記事を参照してください。

確認

Route53のドメイン

私はjoppot.infoのドメインをRoute53に持っています。これのサブドメインのreacttest.joppot.infoを割り振りたいと思います。

S3のバケット

reacttest.joppot.infoというS3バケットを作ってあり、そこにReactアプリケーションをデプロイしてあります。

http://reacttest.joppot.info.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

ドメインを割り振る

実際この作業は簡単です。Route53の画面に移動し、左のメニューから「Hosted zones」を選びます。

割り振りたいドメインを選びます。

最初に「Create Record Set」を押ます。あとはこの項目を埋めていきます。

  • Nameはサブドメインを利用しない場合はそのままにします。
  • Type は「A – IPv4 address」にします。
  • AliasをYesにします。
  • Alias Targetに作成したバケットを選びます。

最後に「Create」ボタンを押せば完了です。

しばらくすると、割り振ったドメインでアクセスできるようになります。

まとめ

これでどんどんReactアプリを公開できますね。

スポンサードリンク

「為になったなぁ」と思ったら、シェアお願いします。

-サーバ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

td-agentでnginxのerror.logとaccess.logを取得する

English 日本語 概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はtd-agentでnginxのログを収集します。 td-agentで解説しますが、fluentdと設定は基本的に同じになると思う …

sshコマンドをaliasかssh configを使って短縮する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はsshの接続先のホスト名を短くする方法です。 ssh接続は非常に強力なネットワークツールですが、接続先の指定がやや面倒ですね。それを単純にする方法をまと …

gitのリモートプライベートリポジトリを公開鍵認証を使って環境構築する

概要 みなさんこんにちはcandleです。 今回はgitのリモートプライベートリポジトリを作ってみたいと思います。 リモートリポジトリと言えば、Githubとかbitbucketが有名だと思います。会 …

fluentdのs3 pluginを使用して日付区切りでログデータをS3に送信する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はfluentdのs3プラグインを使用して、railsなどのログを日単位でS3に投げる方法を紹介します。もちろん、応用して年単位とか月単位、時間単位で区切 …

wordpressのカテゴリーを削除する

概要 みなさんこんにちはcandleです。今回はwordpressのカテゴリー削除に関してです。実は私、タグとカテゴリーを間違えていて、初期の頃はカテゴリーで全て分類していました。後に、タグで管理する …


ベンチャー企業のCTOをやってます。大学時代にプログラミングを始め、javaから入門し、C++へて、PHPへと進み、会社ではRailsを使用。自動化が大好きなプログラマー